トラブルになる前に

■恋愛感情はNG

せふれは、お互いがセックスを楽しむためだけに付き合う割り切った関係です。
精神的な繋がりがないだけに、一般的な男女関係に比べると別れるとか浮気をしたなどといったトラブルは少ないといえます。
とはいえ、トラブルがまったくないというわけでもありません。
せふれ関係におけるトラブルで最も多いのが、お互いの気持ちの差異が原因となるケースです。
最初はそれぞれがただセックスを楽しむだけと割り切って付き合っていても、身体を交えるうちに相手に対して特別な感情を抱いてしまうことも珍しくありません。
お互いにそのような気持ちになったのであれば改めて恋人同士として関係を始めればいいのですが、トラブルになるのはどちらか一方だけが恋愛感情を抱いてしまった場合です。
その際には、多くのケースにおいて関係は破綻しているようです。
悲惨な状況になると、別れたはいいけれども恋愛感情を持ったほうが相手のことを忘れられずにストーカー行為に走るといった事例なども報告されています。
お互いの心の問題なので難しいとは思いますが、せふれ関係で重要な「割り切り」を忘れてはいけません。

■費用のトラブル

割り切った関係ということで、何もかもを「割り切って」しまおうという人もいます。
一例として、これは男性側によく見られるのですが、二人が会った時に掛かる費用、たとえばホテル代や食事代なども折半しようとするケースです。
こういった費用に関してルールは特に定められてはいませんが、一般的には男性が支払うことが暗黙の了解となっています。
どうしても支払うのがイヤとか無理というのであれば、せふれ関係を結ぶ事前に相手の女性と話し合っておくことがトラブルを未然に防ぐ手立てといえます。

せふれを作る際の注意

■まず感情の問題

世の中には、せふれを作りたいと思っている人はたくさんいるようです。
ただし、せふれと付き合うためには気をつけなければならない点がいくつかあります。
せふれとは、言うまでもなくセックスを楽しむことだけを目的に付き合う男女関係を指します。
したがって、せふれの二人の間には恋愛感情はなく、あくまでも割り切った関係なのです。
とはいえ、男女が身体の関係を続けていると「情」が生まれて相手に対して恋愛感情を抱いてしまうことも不思議ではありません。
お互いがそんな気持ちを持つようになったなら、せふれ関係ではなく恋人同士として新たにスタートするのもいいでしょう。
けれども、多くの場合においては一方だけが相手に特別な感情を持ってしまうことが大半で、そうなったなら残念ながらせふれ関係は解消するほうがお互いの身のためです。

■お金の点も重要

次に、せふれ関係には「金銭のやり取りが介在しない」というのが基本です。
ただ、女性の中には「割り切り関係だから」とお金を要求してくるケースも少なくないようです。
また、男性からお小遣いとして女性にいくらかのお金を渡すこともあるようですが、これらは性行為に対する金銭のやり取りを禁じた「売春禁止法」に引っ掛かる恐れがあるので注意しましょう。
せふれ関係を持つ時点で、こういった事柄については相手にしっかり確認しておく方がいいでしょう。
セックスをすること自体に金銭は介入しませんがそれに係わるお金、たとえばホテル代や食事代といったものは基本的に男性負担となるのが基本であり、マナーです。
さらに、割り切った関係だからこそ、相手のプライベートに立ち入ることは避けなければなりません。

せふれは別れる時が楽

セックスレフンドっていたら良い関係ですよね。
セックスして満足したら、はい終わり~!という風にできるんですから。

会ってもいちいち食事をしたり手をつないで、デートをしたりする事がありません。
感情が入らないので、割り切った関係を維持できます。

欲求不満な時だけ会って性処理を行う。
これだけで良いなら、男性は一人につき3人ぐらいはせふれが欲しいですよね。

昔はせふれという言葉自体、浸透しておらず、誰かがせふれを作ったと言えば、変な目で見られていました。
でも最近ではせふれがいて当たり前。
せふれを作った人が勝ち組とまで言われるようになりました。

自分の性欲を満たせればストレスにもならないでしょう。
だから、みんなせふれを作るのです。

ストレスが溜まってハゲになっても嫌ですし、誰かになりふり構わずキレたくもないですからね。
自分平和になるために、せふれを作っている人もいます。

理想の相手を見つけたら、それこそ勝ち組になります。
セックスも相性が大事ですから、合う人を見つければ、1回限りのセックスではなく2回3回と継続したお付き合いが可能です。

既婚者や恋人持ちでも、隠れて関係が持てます。
一切感情がないので、後から「あの人と別れて」と言われる心配もありません。
見つかるのが嫌なら、ホテルで待ち合わせをすれば、バレません。

出る時も別々に出れば、証拠は撮れませんからね。

うまくやれば、既婚者だろうと恋人持ちだろうとせふれは簡単に作れるのです。

別れる時は恋人の時とは違ってすんなり別れられるのも、すごく助かりますね。
トラブルにならないのがこのせふれの掟です。

エロサイトは絶対にやめた方が良い

せふれサイトを見ると、キャバ嬢のような女性がおっぱいをチラつかせて見せようとしたり、パンチラをした写メをアップしています。
プロフィールにそんな大胆な写メを載せる女性はなかなかいません。
エッチな写メを貼り付けているような女性は、間違いなくサクラでしょう。
一般の女性だったら、顔だけは載せるかもしれませんが、自分の体を見せたりするような事はありません。

せふれサイトでどうせ会うのだったら、会ってから見せれば良いので、写メで載せたりしませんよ。

男性はそういう事がわからず、エロい写メな女性程、ついついメールを返してしまったりするものですから注意を払っておかないといけないのです。

せふれサイトにたくさんいるサクラは、どうにかして男性を落とそうとしています。
落とせたらサイトに貢いでくれると同じ事なので、カマに引っかかってはなりません。

そこからどっぷりはまって、高い金額を請求される事もあります。

せふれサイトなんて詐欺サイトに等しいです。
せふれが欲しいならインターネットに頼らず、知りあいに紹介したもらうなり、彼女を作るなりした方が手っ取り早いと思いますよ。

もし、それが無理なら最終手段としてインターネットを使うしかないでしょう。
それでもエロサイトはダメです。
エロサイトではなく、大手出会い系サイトとかに入った方が良いです。

大手出会い系サイトなら男性も女性も何万人の方が利用しています。
その中にサクラもいるかもしれませんが、それ以上に一般の方が多いです。

エロ目的ではなく、最初はメル友になってデートをして徐々にせふれにしていけば良いのです。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.